オスグット

Home / オスグット

こんにちは

佐藤が担当します|д゚)

今回はオスグットについてです。

オスグットとは、スポーツ障害のことで成長痛とは違うものです

発育期の13~15男子に多く、

ジャンプ動作の多いバスケットボールバレーボール

キック動作のあるサッカーに多いと言われています。

同じ動作を何回も繰り返す時に、筋肉が伸びたり縮んだりと

運動する際に筋肉と骨の付着部に負担がかかり、

筋肉が付着している部分が筋肉により引っ張られて骨が隆起してしまったり、

場合によっては骨が剥がされてしまうことがあります。

このオスグットは、膝のお皿から下に向かって約5cmのあたりが痛くなり、

症状が重くなってくると、ボコッと山のように盛り上がっているのが

確認でき、その部分を押すとすごく痛みが出ます。

初期は外見では分からない為、成長痛と言われてしまうことがあります。

オスグットは安静時は痛みは出ず

歩いたりスポーツ時に痛みが感じられることが多いです。

このオスグットはしっかり治さない限り、何歳になっても痛みが

出てしまうことがあります。

成長痛は、一過性の痛み多く時間が経つと良くなることが多く

オスグットとの大きな違いです。

オスグットの対策、予防としては

まず、痛みが出ている場合、

スポーツ活動を中止し安静にすることが望ましいです。

また、筋肉が固くなっているので

股関節、膝関節など関節の動きを良くするために

ストレッチ体操をよくやることです。

特に、ももにある大腿四頭筋という大きな筋肉が大きく関わっているので

ももの前をよく伸ばして固くなっている筋肉を柔らかくします。

運動を行う際にはオスグット用のバンドを巻いたり、

テーピングをしたりします。

発達期は成長する上でとても大事な時期です。

痛いまま症状を悪化させてしまうと、スポーツのパフォーマンスはもちろん

身長にも影響が出てしまう可能性のあります。

痛みやパフォーマンスで悩まされる前に一度ふじえ鍼灸接骨院へご相談して下さい。

しっかりと全力でサポートさせて頂きます