岩槻の鍼灸院で頭痛治療

Home / 岩槻の鍼灸院で頭痛治療

日本で頭痛を訴える人は、3000万人もいるといわれています。専門の外来を有する病院もあります。その種類は主に大きく分けると、器質的な異常のない機能性のものと、重大な結果を引き起こすような症候性頭痛があります。

鍼灸治療による症状の軽減

頭痛を持つ人の約70%が緊張性のものだといわれています。首の筋肉の緊張や、血管や神経を圧迫して起こります。普通は指で首の筋肉を押したり、温めたりすればよいのですが、神経が通っているのは体表から成人で3、4センチほどの深さになるので、なかなか力が伝わらずほぐれにくく一時的に症状が治まっても復活しやすいのです。
そこで有効なのが鍼灸治療です。鍼を後頭部の筋肉に直接アプローチすれば断然効果的なのです。鍼はこういった局部の血管拡張や収縮機能に対して双方向性の調整作用があり、血管を拡張するだけでなく、拡張しすぎた血管も収縮させることで症状を迅速に緩和させることが出来るのです。鍼をする場所は、首の後ろや横の部分です。自律神経を整えることも出来ます。そしてそれは一時的な効果にとどまりません。

鍼灸治療による頭痛の治療は、現代医学的なアプローチだけなく東洋医学的なアプローチもあり、これらを併用することで治療効果を大幅にアップし、治療の幅を大きく広げることが出来るのです。