水分補給と塩分

Home / 水分補給と塩分

こんにちは、佐藤です|д゚)

どんどん気温が上がり、先日、熊谷では41℃を観測しましたね(*_*)

僕はクーラーの効いた冷たーい部屋で、ついついダラダラしちゃっています…

今回は水分補給と塩分についてです

「水分をとにかく、たくさんとれば熱中症にならない‼」

と、考えている方が多いのではないでしょうか

しかし、それは大きな間違いです。

水分といっても、色々な種類の飲み物があります。

ただ、水分をたくさん補給しても、かえって熱中症になる恐れもあります。

その、熱中症になる恐れのある飲み物はカフェインを含む飲み物です。

緑茶紅茶ウーロン茶、ほうじ茶、コーヒー、ココア、コーラ栄養ドリンクect…

これらの飲み物にはカフェインが含まれています。

なぜ、カフェインを含む飲み物を避けた方がいいのか

それは、カフェインの効果として利尿作用があるからです。

利尿作用とは、身体の水分をどんどんおしっことして出してしまうことです。

結果、カフェインを含む飲み物を飲んだ場合、たくさんのおしっことして身体の中の

水分を出してしまい身体の水分が減ってしまい、熱中症や脱水症状の原因になる可能性があるのです。

お水だけをたくさん補給しても熱中症・脱水症状対策にはならない…(@_@)

人の身体の水分は塩分であるナトリウムを含んでいます。

この、身体の中の「水分」と「塩分」はバランスのいい関係を保っています。

バランスが崩れてしまうと、身体の調子が悪くなり疲れやすかったり、筋肉がツリやすくなったりと

様々な、症状が出てきてしまいます。

人の汗には、身体の中にある塩分が出てしまうので体内の塩分が薄まっている状態になります。

そこに、たくさんのお水をガブガブ飲んでしまうことにより、

さらに体内の塩分をさらに薄めることになり、熱中症・脱水症状対策にはならないのです

なので、水分はもちろん大事ですが、塩分も取らなければなりません。

梅干しや塩分を補給できるタブレットなどをいつでも取れるように持ち歩くように

心がけておきましょう