間違った寒さ対策

Home / 間違った寒さ対策

こんにちは

佐藤が担当します|д゚)

夏の暑さがなくなり、すっかり寒くなりましたね・・・

寒さをしのぐためそれぞれ色んな対策をされていると思います。

しかし、その対策は本当に体に良いことしているのでしょうか

例えば、足の寒さが気になり

靴下を重ねて履いている方は多いと思います。

特に冷え性で悩んでいる方は特に多いかと思います。

履いていると重ねてある分暖かいと感じているかもしれないですが

実際は、靴下を重ねて履くことで足首の所をゴムで締め付けることになり、

かえって血流をを悪くさせているのです

足の血流が悪くなるというとは、足の冷えにつながります

足湯をしたりカイロを靴の中に入れ過ごしている方も多いかと思います。

しかし、足だけを温めてしまうと脳が足を冷やそうとしてしまうのです。

人は暑い感じた時、身体を冷やそうと汗をかき体温を下げようとします

足湯に浸かっている時や、カイロを靴に入れ過ごしている時は

温かくなり気持ちいと感じると思いますが

ポカポカしている時間は長く続かず、身体は足を冷やそうと働いてしまいます。

なので、足湯でなく半身浴でしっかり浸かったり、

カイロを貼るのであればお腹や背中に付けるのをオススメします。

他にも、冬場フリース素材をよく着る機会があると思いますが

フリースは保温性があり温かいものですが、

とても静電気を起こしやすいものになります。

静電気が起きると自律神経が乱れやすく

乱れることにより血行が悪くなってしまうことがあります。

なので、化学素材でなくウール素材などの天然素材を着ると

静電気も起こらず、肌にも優しいので心配ななく過ごせると思います。

今年は1月の大雪や西日本の豪雨、夏の猛暑、台風が多かったりと

今までになく異常な気象となっています。

これから更に気温が下がり冷え込むと思われます。

しっかりと防寒対策の準備をして冬を乗り切りましょう