「突き指」の大きな間違い!?

こんにちは!!

佐藤です|д゚)

今回は、突き指について書いていこうと思います!!

多くの方が経験されたことがあるのではないでしょうか??特に、球技をしていたの多く突き指経験したことがあるかと思います

・「突き指」とは??

正式なケガ名ではないですが、指に何らかの原因(ボールを取ろうとした時ect…)で、指対して長軸に衝撃が入った時に負傷することを突き指と呼んでいますいわゆる、指の第一関節(DIP関節)第二関節(PIP関節)のところで、痛みを感じ腫脹熱感機能不全ひどい場合は骨折」「脱臼になる可能性があります。。。

・「突き指」したら引っ張ると良い??

大きな間違いです!!!!「突き指」をした際、皆さんよく引っ張る動作をしていませんでしたか??「突き指」した際に引っ張てしまうと、なぜ良くないのか??これは、悪化すことが多く治りを遅くしてしまう原因になるからです(*_*)先ほども書いたように、最悪の場合骨折脱臼の可能性がありそこまでではなくとも靭帯断裂などの可能性もありますそこで、指を引っ張る動作をしてしまうと、「骨折」「靭帯断裂」の場合は早期に癒合したいのに、損傷部を離してしまうことになります。。。骨癒合や靭帯の癒合が遅れることで、変形治癒を起こし指がまっすぐ伸びなかったりと日常に不便が生じます。なので、決して引っ張ることはしないで下さい!!!!

・突き指したらどうする??

突き指に限らずケガをした場合損傷部での炎症が起きるのでまずは冷やしましょう!!冷やすことで、感覚を鈍らせ痛みをなるべく感じないようにしてくれる働きと、血管を細くし血流の流れを遅くすることで損傷部での出血や腫脹を最小限に抑えてくれます!!2~3日くらいしてくると炎症は引いてきますしかし、これだけでは治るとは言い切れません!!なぜなら、骨折」「脱臼などの可能性があるからです。。。自分では判断できないと思いますので、医療機関や接骨院にて診察を受けることが大切です!!「突き指」をして、『なかなか痛みが引かないなぁ~』と思ってから出向くのでなく、痛めた日から翌日までには来院しましょう。遅くなれば治るのも遅くなり、「骨折なども保存では癒合できなくなる可能性があるからです固定が必要であれば、「骨折などがなくても固定して安静にするのが早期治癒につながります

・しっかり治さないと、どうなる??

指を動かす筋肉での「腱断裂」や「骨折」が起きてしまうと、指を動かせなくなってしまいますそして、その後には槌指(マレットフィンガー)」という変形に移行してしまいます。この変形は主に第一関節部がまっすぐ伸びず常に曲がってしまっている状態になります固定を要するものや、手術をしなければならないものもあります。靭帯断裂靭帯損傷の場合、関節をしっかり固定しているのが靭帯の役割なのでしっかり治してないとグラグラと不安定な状態になってしまいますこちらも、固定は必要になります。なので、医療機関や接骨院の受診はなるべく早期に受けるようにしましょう!!

突き指予防・対策はあまりないためにいつ起きるかわかりませんスポーツでは突き指多い競技やポジションによって指にテーピングをすることはありますが日常生活で毎日行うのは無理がありますよね(;O;)なので、突き指を起こしてしまった場合はすぐに受診するようにして下さい!!そして、上記でも書いたように、痛めた際の引っ張る行為は決して良くないので気を付けて下さい!!

聞きたいこと、何か分からないことなどあればお気軽にスタッフにまで(^^)/

 

関連記事

  1. 運動の秋!!

  2. 膝1

  3. 肉離れ3

  4. この時期、辛い「花粉症」

  5. 骨粗鬆症

  6. 膝2