酪酸菌

動物性たんぱく質だけが筋肉を増やすと勘違いされている方も多いかと思いますが

パプアニューギニア高地人の男性人達は普段は芋で生活していて 年に一回のお祭りの時にしか豚を食べないそうです。

明らかにたんぱく質摂取量は少ないのに巨大な筋肉が発達しています。

 

このことからも 必ずしも動物性たんぱく質だけが筋肉を増やすわけではないことがわかります。

日本人は 乳酸菌 ビフィズス菌は少なく 酪酸菌が多いので 日本人は酪酸菌が筋肉を増やします。

どういう事かというと

食べた食材がそのまま吸収されるわけではないからです。

食材を食べた腸内細菌が身体に必要な栄養を作り出してくれているからです。

多くの日本人の腸内細菌である 酪酸菌が 米 豆 海藻 ゴボウ等の和食を食べて 筋肉を育てています。

日本人にとって逆に動物性たんぱく質を摂りますと それを筋肉にする腸内細菌があまりないので かえってお腹を壊して 下痢をしてしまったりする場合もあります。

和食を食べて酪酸菌に沢山働いてもらいましょう。

関連記事

  1. 大腿骨近位骨折

  2. ルーティンを作ろう!!

  3. 新開発のマイクロリカバリーパッチとは

  4. 高齢者に多い骨折2

  5. 骨粗鬆症

  6. 運動の秋2