温シップか冷シップか

こんにちは。スタッフの新藤です。

良く患者さんから質問されるのは、痛いときにシップは温シップと冷シップのどちらが良いのかと言うことです。

結論から申し上げますと、どちらでも良いのです。

シップの効果は、痛み止めと炎症を抑える事ですので、痛いときに痛い所に貼って下さい。

ただし、温シップの方がかぶれ易いので皮膚の弱い方は気を付けて下さいね。

関連記事

  1. 運動の秋2

  2. 肉離れ1

  3. 新年のご挨拶♪

  4. インソールで足元から体を変える!!

  5. ぎっくり腰!!

  6. 腰部椎間板ヘルニア