疲れにくい体とは❓

こんにちは。

受付の佐藤です。

朝晩、肌寒い日がかなり増えてきましたね。

季節の変わり目で体調を崩さないように気を付けましょう❕

さて、今日は疲れにくい体とはどんな体なのかお話します。

何もしなくても疲れるという方もいるのではないかと思います。

体の疲れの大半は、体の歪みやゆるみに対して筋力による姿勢保持をしていることに原因があることがあります。

人間は本来、姿勢保持筋によって少ない力で体を倒れないように維持しているものなのですが、間違った構造の靴が原因となり体がゆるみ、体の歪みに進行させてしまいます。

そのため姿勢保持筋だけで体を支えることが出来ずに、運動筋までも使用した姿勢保持が行われています。

この運動筋を使うことが慢性的な筋肉痛や疲労になってしまいます。

姿勢保持筋の保持力を高める方法として足裏のアーチを築いている三点支持が重要です。

足元の土台を築くことで無意識に安定した真っすぐな姿勢に変化していきます。

そうすることで日常の無駄な疲労感や凝り、痛みの解消に繋がっていく事となります。

年のせい、筋肉量が落ちたではなくしっかりとした土台を作ることが重要になります。

体をラクにして外出も楽しみたいですね。

 

関連記事

  1. 足関節捻挫3

  2. 酪酸菌

  3. セロトニン分泌方法

  4. 脊柱管狭窄症

  5. 便利なカイロ!!

  6. 夏に不足するミネラル2(*_*)