セロトニンと排泄

前回は、セロトニンを増やすには腸内環境を整えることが大切で 具体的に何を食べるとセロトニンが増えるのかお伝えしましたが

今回はセロトニンが快適な排泄に密接な関係があり 排泄を促してくれる仕組みをお伝えします。

~排泄の流れ~

睡眠中 腸内細菌が整う事でセロトニンを生産 分泌してくれます。

↓ ↓ ↓

血液に乗って 脳に繋がりセロトニンが自律神経の中枢を目覚めさせるスイッチになります。

↓ ↓ ↓

腰椎の4番辺りが 大腸に繋がっているので腰椎から副交感神経が大腸の蠕動運動を指令し、快適な排泄を促してくれます。

どんな人が 排泄があまりうまくいかなかったかというと

〇副交感神経は腰椎の隙間から出て、大腸につながるので 腰椎の隙間が狭くなり 神経圧迫があれば蠕動運動指令が届かなくなります。

(つまり腰が悪い人は便が出にくくなる 又は下痢になってしまいます)

〇夜遅い食事で空腹時間が少ないとセロトニンがでません。

〇心の緊張過剰でセロトニンが分泌されない。(セロトニンが分泌される時は 気持ちが安定している時)

1,腰椎間の隙間を拡げ、大腸へ指令を送る自律神経の通り道を拡げる

2,『正午~18時までに食べ、それ以外は空腹で過ごす18時間断食』で大腸内の腸内細菌がセロトニンを分泌します。(腸内細菌がセロトニンを作るときは、大腸に物が入っていない時になります。なので空腹時間がないとセロトニンは分泌されません。)

3,セロトニンの大腸蠕動運動刺激と、副交感神経の排泄命令で排泄がされます。

4,硬い便の直腸便がまず出ます その次に、S状結腸にある滞留便(柔らかい便)の2回の排泄があります。

毎日 排便があっても滞留便が残っていると左右の足の重心が変わってきている骨盤が歪んで腰の痛み、膝の痛みになります

セロトニンは 本当に増やして損のないものであることが分かって頂けたかと思います。

整体+空腹時間を組み合わせる事で幸せホルモン(セロトニン)が増えて 快適な排泄も手に入れる事ができます。

 

 

 

関連記事

  1. 運動の秋2

  2. 姿勢保持反応

  3. 1年のはじめに!!

  4. 体を温めましょう❕

  5. ぎっくり腰に注意

  6. 脊柱管狭窄症